成分もしっかりチェック

ウーマン

肌に合うものを選ぶ

日焼け止めを選ぶときには成分もしっかりチェックして選ぶようにしましょう。ケミカルな成分が苦手という方は、ナチュラルな成分を使用して作られた日焼け止めから選ぶことも可能です。さまざまなものが発売されていますので、自分に合っているものを選んで利用することができます。化粧品には全成分表示が義務付けられています。日焼け止めも化粧品ですから全成分をチェックして選ぶことが可能です。医薬部外品の場合には対象外となりますが、有効成分は表示されていますので自分の体質に合っているかどうかを確認してから購入しましょう。日焼け止めには紫外線吸収剤を使用しているものと、紫外線散乱剤が使われているものがあります。紫外線吸収剤はいったん紫外線を吸収し、それをエネルギーに変えて放出するという方法で肌を守っています。紫外線を防ぐ力は強いのですが、刺激が強い成分であるためアレルギー反応が出やすいといった面もあります。肌が弱い方は特に注意して選ぶということが大切です。紫外線散乱剤の場合には肌の上で紫外線を跳ね返すという働きがあります。ノンケミカルと言われるタイプはこちらが使われています。肌が化学物質に弱い方はノンケミカルの紫外線散乱剤を試してみるとよいです。アレルギーなど体質は個人により異なりますので相性のよいものを選ぶことが重要です。中には紫外線散乱剤が合わなくて紫外線吸収剤が合うという場合も考えられます。快適に使える自分の肌に合うものを選ぶようにしましょう。