種類を選べる

レディ

自分に合ったものを選ぼう

日焼け止めには種類があり、それぞれに効果や使い方が変わってきますので自分に合ったものを選んで利用するとよいです。大きくわけて、日焼け止めには紫外線散乱剤と紫外線吸収剤を使ったものがあります。紫外線散乱剤のタイプは、紫外線を反射したり散乱させたりして肌を守るタイプの日焼け止めになります。肌への負担は軽いタイプなので肌が弱い方でも手軽に使うことができるというメリットがあります。しかし白っぽく重い仕上がりになってしまう場合もあります。紫外線吸収剤を使ったタイプは、紫外線を熱に変えることにより肌への悪影響を防ぐというタイプの日焼け止めです。紫外線を防ぐ力は高いのですが、肌の上で化学反応が起きるため、肌への負担が大きいというデメリットがあります。日焼け止めにはクリームやジェル、スプレーやパウダーといったものがあり、場面や好みに合わせて選ぶことができます。クリームタイプは他のタイプよりも高い保湿性を期待でき、ウォータープルーフなど落ちにくいものもあります。ジェルタイプは軽い使用感で、クリームタイプでニキビなど肌トラブルを起こしやすい方でも軽く使うことができます。スプレータイプの場合には手の届きにくい背中でも手軽に使うことが可能です。時間がないときでも手軽に塗ることができるタイプです。パウダータイプは比較的、肌に優しい日焼け止めです。べたべたした感じが嫌という方でもストレスなく使うことができますし、重ねて使うことができますから手軽に塗る直しを行うことができます。